音楽

ここでは、「音楽」 に関する記事を紹介しています。

当サイトは誰でもウェルカム・・・!
プロフィール他はサイドバー左下にて。
よかったらコメント残して行ってくれると嬉しいです。

以下、更新やレポ等のオススメ記事です。基本的にこのブログはネタバレばかりなんで一応注意してくださいm(_ _)m

近麻最新号感想(9/1号)(New!)     ・ムダヅモOVA感想

実写映画カイジ感想逆境の闘牌HERO初回アカギのお墓参り行ってきました。スカラベから墓碑撤去(New)  


TOP > CATEGORY - 音楽
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよMayhemの日本公演!
チケットの買い方がわからなかった例のライブです。


しかもゲストで日本が誇る素晴らしきバンドSighが登場とか・・・もうすごい期待
誰得レビューやる予定。ああ近麻も買ってこないと
スポンサーサイト
ノルウェーのマジキチブラックメタルバンド、あのMayhemが単独来日公演!!!
今日DISC UNIONで知りました。


「バンドリーダーはノルウェーの犯罪集団の主催者」

「猟銃自殺したvo.(Dead)の死体を写真におさめジャケットに使用、更に吹き飛んだ脳みそをスープにしておいしく頂いたうえ、頭蓋骨の欠片でネックレスを作ったリーダー(ユーロニモス)」

「自殺でなく、撮影者による他殺説もある」

「更にユーロニモスはセッションメンバー(カウント)に殺される」

「そのカウントは教会放火魔で、逮捕時にはダイナマイト150kgを所有していた」

「カウントの母親もノルウェーの首相暗殺計画で逮捕されている」


などなど、様々な伝説が残っていますね。ほとんど漫画の世界かっていう・・・。


因みにこれが例の写真です

DawnOfTheBlackHearts.jpg


真ん中に赤い血にまみれた脳みそが見えますね。勿論私も持ってます。




日程
9月16日(木)渋谷CLUB QUATTRO
9月17日(金)名古屋CLUB QUATTRO
9月18日(土)心斎橋CLUB QUATTRO


ヘルハマーとアッティラを生で見れるなんて・・・!
1st「De Mysteriis Dom Sathanas」が大好きな私は大変嬉しい!前回の来日は気づかなくて後の祭だったけど今度こそは・・・!


バンドTシャツは千代田区内の某ショップで購入してあるのでライブに着ていこう。
そこはKISSとかの普通のロックTシャツばかりのところのはずが、何故かDarkthroneが山積みされてる部分があり、もしやと思ってあさったらMayhemがあった。



純粋な疑問なんだけど、チケットって何処で買えばいいんだろう?
ググってもブログしか出てこない・・・・・・。







賭博漫画ブログェ・・・

以下拍手返信
[Mayhem来日wktkr!!!!!!]の続きを読む
実はこう見えて結構風物詩というか、風流というか、なんかこうほわーっとするものが好きなんですな。


先日、某エスポワール乗船中での書き込み(ホタルってゴキちゃんに似てますよね~)を思い切りつっこまれましたがw
まあ特別天の川見たかったわけでもないし・・・・・・ああ特に風流?とかそういうの好きでもない気がしてきたけど、でも好きなんです!と思う。・・・・・・部分的に・・・・・・まあそれは個人差で許容される




敬体常態が混じった大変ファッキンな文はどうでもいい。こいつを見てくれ・・・こいつをどう思う・・・?












100710_2353~01
篠笛といって、日本の伝統的な横笛にあらせられる。


比較対象は当ブログのマスコットキャラクターである爪切りくん。
トップページのプロフィール欄でおなじみですね。
kyoudai.jpg
(隣の目玉が飛び出した赤茶けたチャーミング野郎は沖縄土産のとんとんみーくん)


篠笛はお囃子のぴーひゃららっていうアレですね。これは唄用といって少し違うんだけども。詳しくはユーモア欠乏症の専門家気取りがまとめたそちらをごらんあれ。
あの独特の形容しがたい音色に惹かれて、いつかやりたいなと思ってたんだけど、今年の夏からやってみようと購入しました。とりあえず最初なのでスズキの「銀鈴」という安いやつを。

さて早速吹いてみると・・・


音が出ないっ・・・!圧倒的のれんに腕押しっ・・・!



何も欠陥品ではない。篠笛はリコーダー等の西洋楽器と違って、とりあえず吹けば音が出る・・・という構造じゃないようだ。いうなら、オロナミンCの瓶口を吹いてみる・・・そんな感じ。瓶の口にふーってやるとぼーっていう、アレに音階をつけたような難しさが・・・


というかそのリコーダーですら、小学校の頃テストでは毎回最後まで居残りだったのを忘れたのか・・・何度気付き直すんだ・・・俺はっ・・・!



とりあえず今日は音がかろうじて発生するところまで進んだ。笛は音が露骨だから近所迷惑を考え、夜練習できないのが痛いね・・・。昼でも、音楽として成立しないピーピー音は大変イラつくと思うし



とりあえず夏中に、かろうじて「荒城の月」を吹けるようになれたら・・・という「100メートル先にゴールがあるバスケ」をしてみる。遠藤さんに馬鹿にされ放題



・・・賭博漫画ブログから完全に方向を見失ってる自覚はある


以下拍手返信(ようやく覚えた)
[うぴー]の続きを読む
もうとっくにバレてると思うけど(隠してるわけじゃないがw)俺はメタルやハードロックが好きなんですよ。

そして今日(きょう)は今日(こんにち)の音楽に多大な影響を与えた一人、リッチーことリチャード・ヒュー・ブラックモア氏の誕生日なんだね!1945年の今日に鬼神は生まれたわけだ。


img15.jpg





思い切りブログの趣旨からそれてるから彼の簡単な説明だけしよう。

Deep Purpleのギタリスト、といえばわかるんじゃないかな?あのジャッジャッジャーで有名なSmork on the worterやちょっと前にタマホームの宣伝で使われていたBurnを作った人です。


彼がどんな革新的なことを始めたかというと、ロックに始めて本格的に速弾きを持ち込んだり、同じくクロマティックスケールをもちこんだり、ストラトの音量・迫力不足を改造によって克服したり・・・あまり音楽に興味がない人でも分かりやすいのは、「ロックをブルースから別物へ昇華させた」というのとかかな。

ジミヘンやジェフベック、ジミー・ペイジらが基礎を作っていったハードロックをジャンルとして確立させ、そしてRainbow期にはヘヴィメタルの基礎つくりにも貢献した。


間違いなく彼がいなければ、今日のいわゆる「タテノリの激しくて速いロック」は存在しなかった。
それは単にHR/HMの世界だけでなく、今日流行っている日本のロックも同じことだ。


そしてそんな御託抜きにかれの音楽はすごいのよね。単純だがカッコいいリフから訳分からん程のギターソロまで・・・まあここでは場違いだしあんまり書かないけど。


因みにハードロックやメタルで最重要な一人である彼は今、「ハードロックをやるとイラつくんだ」とか言って奥さんとアコギや民族楽器を弾いてます。


因みに明日は故・ユーロニモスの誕生日なんだけど流石にそっちは自粛します・・・


御大に乾杯!








AC/DC Black Ice Tour来日レポ。折角がから載せてみる

(※この文章は3/14日に書かれたものです)



ロックンロールトレインでさいたまスーパーアリーナに向かった。
3時半過ぎに到着するとダフ屋がたくさん居やがる。

個人で「チケット売ってください」も見かけるけど、明らかに一人なのに「チケット希望!2枚以上大歓迎」とかどうみてもダフ屋だろ!若い女の子使ってセコい真似しやがって・・・


そして友人と合流し、物販の列に並んぶ。並んだのが開演一時間前くらいだから長蛇と思ったが、予想より並んでなくて助かった(それでも30分近く並んだと思う)。ネットの情報だと一時間から二時間待ちと聞いていたから少し不安だったが杞憂だったようだ。



そして開演。アメコミ調なアニメーションの直後ロックンロールトレイン!!



…感激。もうね、最高としかいえないよね。



いや楽しかった。本当に行ってよかったわ。
パフォーマンスも最高で、Hells Bellsのイントロ前に鐘にぶらさがるブライアン、For Those About To Rock We Salの大砲、Whole Lotta Rosieのロージー人形etc


アンガスもThe Jackでストリップしたり、パンツ1枚でグルグル床で回転したり、勿論常時と言っていいくらいダックウォーク。…本当にナマで見れるなんて・・・!もう生涯見られないかもしれない。


Highway To Hellではもうなんかとにかくすごいアレを感じた。一言で言うなら駆け巡る脳内物質・・・!

勿論T.N.T.の「オイ!オイ!」やDirty Deeds Done Dirt Cheapの「Done Dirt Cheap!」もトリップだとドーパミンだのすごかった・・・。



よく刺激の強いものは「心臓の弱い方は控えてください」みたいな文句があるが、始めてあの文句の意味がわかった血が逆流するかと思った



そして今帰りのロックンロールトレインに乗ってるんだが、ツレが恐ろしい格好してるんだな。もう乗り換えの都合で別れたが、彼はその恐ろしい姿で電車に乗っていった。


どんなかというと・・・・


黒縁メガネにマスク、長髪、肩掛けバック、ポスターを生で抱えるという秋葉原な格好に加え、さらに頭には光る角をピカピカさせているかなり紙一重な格好。
プライバシーの為写真は載せられないけど、通りがかる人が全員振り向くうえ、本人が近くに居たブルーシートな人と自身を比べ「あっちの方が大分正常かもしれない」と言う始末。

最初は駅で暴れてた外国人よりマシだろうと思ったがかなりこっちの方が大変…というかむしろ変態。


恐らく職務質問に複数回あうだろう…。Highway To Hellとは彼の帰路のことかもしれない


でも最後まで身を張って盛り上げてくれた彼にも感謝!正にハイヴォルテージロックンロール!!!!



ありがとうアンガス!ありがとうAC/DC!!!!!!!





因みに購入したものは、シャツ2枚とタオルとメンバー写真&ジャケのポスター。

シャツはBack In Japanとレディースの白い奴を買った。白いバンTってあんまりみない分、新鮮でかっこよく見えたもんでw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。