キラ☆キラ 椎野きらりの名言

ここでは、「キラ☆キラ 椎野きらりの名言」 に関する記事を紹介しています。
TOP > スポンサー広告 > title - キラ☆キラ 椎野きらりの名言TOP > 今日の名言 > title - キラ☆キラ 椎野きらりの名言
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キラ☆キラあのね、もし、世界に完全に理解し合った二人だけがいて、その世界は本当にうまくいくの?

いくら仲良くても、そこに食事が一人分しかなかったとしたらどうする?分け合ったら、二人とも死んじゃう。

どっちかが食べれば、食べなかった方は餓死しちゃう。これって、どうやったって悲しいことでしょう。理解とかとはまた違うよねっ

全てを理解しあえなければ、一緒に楽しくやっていけないとしたら、それってとても寂しいことだよね。

でも、そんなことないじゃんっ。

理解なんか出来なくたって、あたしたち、仲良しになれるんだもんっ



毎度ながら先にこじつけておく。「見返りを求めない」がカイジとC†Cにry

いやキラ☆キラはC†Cとは全然違う作品だけどね・・・。
C†Cは世界(B世界)が滅び、その先で云々だけど、これは滅び・・・というか、そういうあれはきらりルート1の鹿之助だけ(きらりの死とその先の「多分、僕は大丈夫になってしまったんだ とても残酷なことに」参)で、しかもそれは「ラジオ放送を展開する」というような生産性もなにもないし。

おっと作品の批評も比較もするつもりはないからこん位にしておこう。文才が欠片もなくて言いたいことも伝えられない・・・凡夫は辛いぜ・・・・。



きらりが言う「みなで仲良くする方法」は皆で持ち合った余りの具でカレーパーティをすること。

要するに、見返りを求めずただ愛しあうこと

本当はこのカレーパーティも全文引用したいけど長いから省略する。



最初この作品はじめた内は、ただの青春コメディみたいなのだと思ってたけど見事に予想を裏切られた。

実は瀬戸口作品で最初にやったのがこれで、丁度リトバスの後くらいにやったのかな?
感動ものじゃなくて、普通に楽しい作品がやりたいと思って・・・・・・実際に全国ツアーとかすごいワクワクしたね。だから毎度毎度Angel Beats!のライブシーンで引き合いに出してしまうんだけど。
因みにわしのAB!感想でよくでるmilktubとはこの作品のBGMやヴォーカルソングを作ってる人達。BGMに関してはCARNIVALの方が好きだけど。



「楽しい世界」のその先を書いくっていうの結構あるんだけど、そこは瀬戸口・・・普通とは少し違った。
駄目なときの鍵とかだと、突然なんか「それありかよ」っていうクドルートみたいな釈然としないのがあるけどそうではなかった(他の瀬戸口作品と比べると違和感あるけど)
千絵ルートも最後は問題解決したか不明で、樫原ルートはある意味CARNIVAL的な感じの「何も根本的な解決にはなってない」。
(CARNIVAといえば、この作品は泉ルートに近い雰囲気があった気がする。)


でも瀬戸口作品にしてはかなり前向きなんだね(だからこそ「微妙」という意見もあるわけだが)。わしはSWAN SONGが大好きなんだけど、あれはすごかったね・・・。
CARNIVALもそれも、基本的には「人は人と通じ合えない」。キラ☆キラの「理解なんか出来なくていい」以上の壮絶な隔絶がある(蛇足だとわかってるが再びカイジの「通信とは・・・」もこじつけとく)。



SWAN SONGやCARNIVALからすると結構イロが違う作品だけど、これはオススメな作品。エロゲに抵抗ある人もコンシューマ化(PS2)されてるからそっちをやってみて欲しい。というか瀬戸口作品全部良いから是非やってみて欲しい。



「聴いてください。命をかけて演奏します。この、くそったれな世界に、精一杯の愛をこめて。」
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahjongmanga.blog99.fc2.com/tb.php/241-82b0d52b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。