Angel Beats! 第8話 Dancer in the Dark 感想

ここでは、「Angel Beats! 第8話 Dancer in the Dark 感想」 に関する記事を紹介しています。
TOP > スポンサー広告 > title - Angel Beats! 第8話 Dancer in the Dark 感想TOP > Angel Beats! > title - Angel Beats! 第8話 Dancer in the Dark 感想
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Thousand Enemies前回の分身は天使たんの能力の一つ「ハーモニクス」から出来てしまったようだ。


コピー<みんなで夜遊び…なら、お仕置きね…

え///よろしくお願いします><


そこでユリが天使たんの能力を調べるが能力名は全部音楽用語な様子。そういえば「ディストーション」もそうだったし「ハンドソニック」もパーカッション機器の名前だね。「奏」「音無」ときてこれだから、なんらかの意味があるんだろう。



オリジナルの奏が地下ギルドに幽閉されてることが判明、再び地下へ。


それにしても手榴弾投げた方向にそのまま走るとは奇特な・・・・・・むしろ危篤ですな。レバー外して4秒で爆発するんだから丁度いいタイミングで全滅しそうだがこの際特に気にするべきでない。

その後はひたすら生贄一人がコピー天使に刺されながら、死をもってコピー天使一体を押さえ込むというドラゴンボールも真っ青な「後で生き返るからよろし!」作戦。
……柔道の押さえこみしても、刺されてしんだら死体どければいいだけではないのかと思うんだが。死後硬直ってそんなに早く起こらないと思うし。まあいいや

と思ってるとただ刺されて死んでるだけじゃねーか!押さえ込みもクソもねーぞ!もうわけわかしまずだ


最後はオリジナルに遭遇し、「発動から10秒でコピーを解除する」機能を書き加えたハーモニクスを実行させる。

が、他の「悪意あるソフトウェア」なコピーたちは消滅せず、オリジナルと一体になってしまった。
そんなものが奏に耐えられるか!という部分で次回へ。次回は音無の記憶完全復活なようだ。


それにしても、ユリの作戦ってことごとく裏目に出てるよね。直枝…じゃなくて直井少年みたいな中二より、こういう「リーダーの失策から放伐」の方があってもおかしくない気がする。


もう次で9話か……なんか引き込まれない。うーん・・・・・・

   リ ラ イ ト に 期 待


田中ロミオだし
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahjongmanga.blog99.fc2.com/tb.php/248-0f6416fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Angel Beats! 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る 前回のスタッフブログの発言にはすっかり釣られてしまった・・・。もうここからは何が起きても後悔しません!! ☆<05/22更新>前回、Angel Beats!コーナー 第7話 「Alive」の感想をポッドキャストにて収録...
2010/05/27(木) | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
二人目の天使が現れる。オトナシはカナデは無抵抗なときは刃を向けなかったという。そして、オトナシが指示を出してこうげきするが通じない。そして、一人目の天使が助けてくれる。...
2010/08/10(火) | ぺろぺろキャンディー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。