Angel Beats!12話Knockin' on heaven's door 感想 「はやしだの地下帝国編」思い出した

ここでは、「Angel Beats!12話Knockin' on heaven's door 感想 「はやしだの地下帝国編」思い出した」 に関する記事を紹介しています。
TOP > スポンサー広告 > title - Angel Beats!12話Knockin' on heaven's door 感想 「はやしだの地下帝国編」思い出したTOP > Angel Beats! > title - Angel Beats!12話Knockin' on heaven's door 感想 「はやしだの地下帝国編」思い出した
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオCD Angel Beats! SSS(死んだ 世界 戦線)RADIO vol.1また入江と関根がしゃべった!

と思ったらなんか影が沢山沸いてきた。戦線メンバーも湧いてきた。痩せた松下五段テラ筋肉センセーション
同時に単身ギルドへ潜入するユリ。


その時ユリは夢を見る。ゴア的な非日常世界というかありゃ単に夢と見ていいかな?なんかエヴァっぽい、その夢の中で独白して……そして音無や我らが愛天使たんに起こされそのままギルドの奥地へ


すると謎の少年が出て来てこんにちわ 坊ちゃん一緒に遊びましょう
成仏が目的の世界で、愛が芽生えたのに成仏しないと永遠の楽園になっちゃうよ!未練を残したものが来て、それを卒業すべき所なんだよ!阻止するためにエンジェルプレイヤーがあるよ!」とかそんな感じ。



……なんかクロマティ高校(10巻)の林田の地下帝国編を思い出した。
どういう話かというと、

地下にある猿帝国に迷い込み、記憶を失った「林田」が救世主に選ばれる。「アイツ」と呼ばれる数十年に一度大災害をもたらす謎の怪物を倒すべく挑む林田だが、最後にたどり着くとそこに人間が居た。その人間こそが前代の救世主であり、定期的に機械を使って災害を起こし、猿の数を減らしていた。何故なら、数が増えると文明を築き、その為に滅んでいくという人間と同じ過ちをさせない為だ。最後には機械を停止させ、「これが正しいか否かは誰にもわからない」として終わる。


まあクロ高はギャグ漫画だけど……。いや別に安易にパクリ疑惑!とかいうつもりは全然無いことだけ釈明しとく


感想:俺的ハイライトはギルドで天使たんが音無の後ろからひょっこり顔出すところ
41072797.gif

ごちそうさまでした。



放送最初の方、「この世界はネトゲー」「いやそれはダミー、もっと深い何かがある」とか噂されてて、俺自身も一話の感想(過去の記事)あたりでそういう風に盛り上がってたんだけど……どうしてこうなった


今年もそろそろAIRの季節というのに…まーたー夏がーくーーるーーー




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いろいろ急展開すぎて何がなんだか・・・

(∵)
2010/06/26(土) 00:49 | URL | はじめ@班長 #-[ 編集]
班長氏

急展開ってレベルじゃねーぞ!
2010/06/26(土) 00:53 | URL | 傀ハンセン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahjongmanga.blog99.fc2.com/tb.php/261-2b116921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。