落合尚之版 漫画「罪と罰」が面白い

ここでは、「落合尚之版 漫画「罪と罰」が面白い」 に関する記事を紹介しています。
TOP > スポンサー広告 > title - 落合尚之版 漫画「罪と罰」が面白いTOP > その他漫画 > title - 落合尚之版 漫画「罪と罰」が面白い
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪と罰 1 (アクションコミックス)落合尚之氏が描く、罪と罰。

これはドストエフスキー原作のそれを、現代日本を舞台にして書き直したリメイク作。
ペテルブルクは葛飾に、金貸しの老婆は集団売春を組織する女子高生へと姿を変えて21世紀へ。

単にリメイクというか、結構設定の変更が見られるから同人的な作品という感じかな?商業誌に同人なんていったら失礼だけど、まあ便宜的な意味で。

こういう、過去の名作のリメイクものって高確率で地雷のイメージがあったんだけど、想像以上に面白い・・・!

現在6巻(原作でいうと、ソーネチカのアパートへ行ったりポルフィーリィと戦ったりのあたり)まで購入した。

ここ何ヶ月か、買った漫画が外れることが多かった(カイジ新刊とか)んだけどこれはあたりだ!CDも外れ率が減ってきた。日ごろの行いの良さが裏付けられるね!


粗筋をまじえつつおおまかに巻ごとに感想書いてみよう。



【一巻】
・最初この売春少女がソーニャだと思った。リザヴェータね。
・はやくも葛飾(ペテルブルク)=地獄ktkr ただ閉塞感の描写が少なくないかな?
・害虫(しらみ)ktkr
・ヒカル=金貸しのばあさん。アリョーナの意味が確か光だった。
・太陽ktkr

【二巻】
・横丁で偶然じゃないのか・・・
・金貸しの家まで730歩→リサの家まで7分31秒
・ミコライが居合わせなかった・・・?
・盗品を石の下に埋めるのを避けたのは勿論理由があるんだろうけど、なんていうか名シーンだから再現して欲しかった。

【三巻】
・ポルフィーリィ役(五位)気持ち悪いw
・血にぬれた靴下→手袋
・失神ktkr
・ザメートフ(めかた)のギャグ!

長いからまた別に。

落合尚之版 漫画「罪と罰」が面白い2
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahjongmanga.blog99.fc2.com/tb.php/300-9750c8cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。